筋力をつけて治そう|異変に気づいたらすぐに病院へ|がんの転移は早めに予防する

異変に気づいたらすぐに病院へ|がんの転移は早めに予防する

看護師

筋力をつけて治そう

診断

脊柱管狭窄症は高齢者に多い症状です。歩いていて足がしびれたり、痛くなったりするのに、前かがみになって休むと痛みが引いてしまう。このような状態は脊柱管狭窄症の初期症状です。脊柱管狭窄症は腰や背中の神経が通る管を骨が変形したりすることで、神経を圧迫して起こります。放っておくと、歩行困難になったり、排泄障害になったりするので早期の治療や対策が必要です。高齢者は筋肉が落ちてくるので、なりやすいのです。それ以外にも若い時に腰を痛めたことがあったり、重いものをもつ仕事をしていたりするとなりやすいです。また同じ姿勢で仕事をしていたり、太っていたりするのも腰に負担をかけているので気をつけなければなりません。脊柱管狭窄症になったときには、太っている人は治療の前に体重を減らすことから始めましょう。

脊柱管狭窄症になったら、病院や整体にかかります。痛みどめをもらったり、負担がかかっている場所をほぐすことで、一時的によくなります。しかし、脊柱管が圧迫されている限りはまた同じ症状が起こってしまいます。圧迫されないために、ストレッチや運動などで筋肉をつけて、病院と併用して治療します。脊柱管狭窄症には前屈がききます。立っていても、足を伸ばして座った姿勢でもかまいません。しかし、いきなりたくさん運動すると悪化しますので、少しずつ増やしていくようにします。痛みのあるときは無理にしても悪化するので安静にします。それから、カイロプラクティックは国家資格ではないので、治療はできません。悪化する場合もあるので、注意が必要です。