異変に気づいたらすぐに病院へ|がんの転移は早めに予防する

病院

健康な生活のために

看護師

脊柱管狭窄症はとても辛い病気ですが、日頃の生活を見直すことで少しずつ改善することができます。またかかりつけのお医者さんは大変頼りになる味方です。どの病院で治療したらよいか迷う時には、まずかかりつけ医に相談しましょう。

もっと読む

筋力をつけて治そう

診断

脊柱管狭窄症は背中や腰の神経が、骨の変形や筋力の低下に伴い圧迫されて起こります。病院や整体などの治療で一時的に改善しても同じ症状が起こることがあります。正しいストレッチや運動を少しずつしていくことで改善します。

もっと読む

知っておきたい病気の話

ドクター

脊柱管狭窄症とは、立位や歩行の際に痛みやしびれを感じるなどの症状があります。年を重ねると誰しも足腰が痛くなるものと考えずに、まずは病院にいくのがおすすめです。治療は、運動療法や薬剤に手術など症状などに合わせて治療手段を選択することができます。

もっと読む

心筋を丈夫にする方法

聴診器

食生活の欧米化などにより、心筋梗塞になる方が増えています。心筋梗塞は冠動脈が狭くなって起こります。血流がつまったところに、運動などにより急激に血圧が上がりますと動脈がつまってしまいます。このような症状にならないためにも、日頃の生活を気をつけて予防することが大切になります。コレステロールの高い食品は避けるようにしなければなりません。その上で心筋を丈夫にする食品を取り入れるようにすると良いです。マグロには良質なたんぱく質が含まれていますのでとくにおすすめの食品です。心筋の材料になりますので丈夫にしてくれます。またコレステロール値を下げるには、食物繊維が含まれるこんにゃくやキノコ類やレタスなどが良いでしょう。また、日頃の生活に気をつける以外にも病院へ行き定期的な検査を行なうことが大切となります。

心筋梗塞を予防するためには、1日の摂取カロリーを適切に維持することが大切になります。また短期間だけでなく持続させていくことが必要です。そのため無理のない範囲でストレスをためないようにしなければなりません。また、しっかりと医師の診断を受けることも重要です。自分で対処できると思っていても、一気に体調が悪くなってしまう場合もあるのです。もしどの病院に受診すればいいか分からなくなった場合には、総合病院に行ってみるといいでしょう。どの科で診察してもらえるかを聞くことが出来ます。また、心筋梗塞の原因となる問題をくまなく調べてもらうことが出来るため安心です。心筋梗塞は取り返しのつかなくなる前に、しっかりと対処をしましょう。また、心筋梗塞の他にも取返しがつかなくなる病気として有名なのががんです。日本人の多くの人ががんに気づかず、気づいた時には別の場所に転移してしまい手遅れになっているというケースが沢山あります。普段生活を送る上で、何かおかしいと感じた場合はすぐに病院へ行きましょう。そうすることで早期発見に繋がり、転移を阻止できます。